JUGEMテーマ:今日の日記

 

 私の旦那様は建築会社で働いていて、その会社の社長は旦那様のお父様。社員は数名いるが親族経営の自営業の会社。

 

 先日、旦那様の大学の友人と会う機会があった。旦那様は経済学部出身で、お友達は経理事務をしていたり、会計事務所に勤めていたりした。なので、次期社長の旦那様に「決裁書はちゃんと見ているか」「損益計算書だけでも見といた方がいい」「株はだれがもっているのか」などと、会社経営で必要であろう質問をしていた。でも、私も旦那様もさっぱりよくわからない単語だらけでまったく会話にならなかった。”知らなければいけないこと。”という圧がすごく、焦りだけが込み上げた。

 

 旦那様は約6年前に東京のイベント会社から転職をして田舎の実家に戻った。イベント会社の営業からの転職だったため、家の仕事は全くの畑違い。先輩社員のおじいさん社員たちは職人気質でろくに仕事を教えてもらえない環境。そんな中で手探りで現場仕事を覚え、バラバラだった方向性を見出してきたところであった。現場の仕事をだんだんとモノにできてきたというところで、次期社長に対する、会社経営での視点は寝耳に水のような話だった。本来は将来を見据えて考えていなければならないことだったのかもしれない。ただ、実家に戻って与えられた現場の仕事をこなせるようになることでいっぱいだったのが正直なところ。

 

 友人たちからの問いかけや話はとても不安な気持ちになった。現場の仕事をしている社員は旦那様含めて3人。今のところ、旦那様が抜けてしまったら、全然仕事が回らないメンバーで構成されている。新しい人材が入ってくる見込みもない。人材が足りていない部署もあるほど。ゆくゆくは現場を退き会社経営の仕事をしなければならない時が来る。現社長の年齢を考えるとそこまで、遠い話ではない。不安だ。

 

 自分にはどうしようもできない問題ばかりが立ちはだかっていて、でも何かしないと不安でしかたがない。

 

 当の私は新卒でお菓子メーカーの製造部門で働き、その後転職して、ケースワーカーとなり、結婚を機に退職し、お花屋さんと某有名カフェでダブルワークをするという、全く経営とは関係のないところで働いてた。そして今、10か月の子供がお腹にいる。産後はダブルワークをしていたところに戻るつもりでいた。が、簿記をとりどこかの会社の経理事務について、実家の会社のために働くことを目標にするのはどうだろう。考えるようになった。

 

 まだ見ぬ将来のことを考えるのはあまりにも不安で夜も眠れない。でも、今できること、やれることはあるのではないか。あるならそれをやるしかない。そう思うと少し気持ちが楽になる。

 

 こうゆう時に切に思う。自分がとてつもなく能力がある人間だったならなぁ。。。

 でも、いろんな面において不器用な私は地道にやるしかない。

 わかっている。

 

 

 

 ”継続は力なり。”

 

 よく言われることですが、私が出来ないことの一つ。大抵のことが尻つぼみになってしまう。最初はすごくやる気が満ち満ちているのに、だんだんとそのモチベーションが消えて、最終的にはゼロになってしまう。その原因を自分なりに考えてみた。

 

 ・自分に期待し過ぎている。→少しでも失敗すると絶望してもうやりたくなくなってしまう。

 ・やる理由を明確にしない。→やり始める前に「どうしてやるのか?」を深くまで言及しておくと、やらなくてはならない状況にもっていけるのでは。

 ・継続していく中で嫌なことがでてくるとそこにばかり注目してしまう。→「嫌だ」ということだけを見つめず、視点を全体に持ってきたり、もっと小さい範囲のことに焦点を絞ったり、と色々な見方をしてみる。その中で楽しいと思えることを見つけてみる。

 ・他人と比べてしまう。→「自分に期待している」と少し似ているが、相手より劣っているとやる気がなくなってしまう。対処法の考え方としては、そうゆう時もあるし、そもそも自分は割と劣っている方だ。という認識でいること。(でも、この考え方は正直悔しい!(笑)し、少しひねくれているようにも感じる。だって、「どうせ私なんて。。。」ってことだから。なにかいい考え方はないものか?今のところ大器晩成型という風になんとなく考えることはあるけど。。現在、考え中であります。)

 ・長期的な集中力がない。→自分の集中力でる方法を見つける。例えば、、、時間を区切ってやる。疲れてなくても休憩を入れるようにする。休憩以外の時間はしっかり集中。

 

 色々出してみたけど、すぐにできるかどうかはわからない。でも、言葉にしたら、少し明確になった。

 

 どうせ暇なら、もっと楽しいことを考えたり、やったらいいのにこんなことを考えてしまう、どこまでも憂鬱なまめこなのでした。

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

 

 

2019.6.18

 

 レガーロ×レガーレへ行ってきました。

 

 高崎で撮れた作物を使ったクッキーやジャムも置いているカフェ。

この日に食べたのは、大人なコーヒーパフェ。値段は確か、1,080円。

コーヒーゼリーがたっぷり入っているのだけど、このコーヒーゼリーが甘さが控えめなので、(というか、無糖だったのかな。)だんだん甘いものをたくさん食べることが出来なくなっている私にとってはありがたく、最後まで美味しくいただけました。

 無糖のコーヒーゼリーとチョコのアイスを一緒に食べると絶妙な甘さとなり、心地よいほろ苦さがたまらなかったです。

 

 

 

 

店名 Regalo×Regale
住所 高崎市下里見町1701-1
ジャンル カフェ兼ギフトショップ
電話番号 027-384-8892

 

営業時間 11:00〜18:00
定休日 火曜日、水曜日
支払い
駐車場 有り

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 自分が楽しいと思えること。

 

 これがとても難しい。誰かと一緒に何かをするときは、常に相手のことが気になって仕方がない。相手は楽しめているのか?なんてことをひたすら考えてしまう。だから、自分が楽しいという感覚があまりない。かといって、自分のために一人で何かをやろうというほど大好きで、楽しいと思えることもない。人間、平等に同じ時間が与えられているのだし、自分の好きなことをやる時間が多ければ多いほどいいとは思っている。

 

 せっかくだから、ゆくゆくは誰かに還元できることであれば尚更いいと思ってしまう。でも、好きなことがある人はそんなふうに頭で考えているわけではなくて、感覚的に「好き」「楽しい」というふうになっているのだろうな。それに、何をやるにしても、突き詰めてやれば、それがどこかで誰かの役に立つということになっていくのではないかとも思う。

 

 ”誰かのために何かやってあげたい。”という気持ちも自分のことがしっかりできて、さらに人のことも考えるキャパがなければ、無理なこと。

 

 好きなことを思う存分楽しんでやっている人は、緒にいるだけで、清々しい気持ちになったり、この人に話聞いてみたいって思ったりする。当事者が相手のためになにかしてあげようと思っていなくても、相手のためになっているってこともある。だからまず始めは   ”自分のために” とか ”自分が楽しいと思うことをやる” がやっぱり重要になってくるんだよな。

11月にもみの木へ行ってきました。この辺はよく来るところなのに、こんな素敵なスイーツが食べられる店があるなんて全く知りませんでした。このお店ではパフェで有名ですが、少し前までは季節限定のパフェは無くて、新しいパティシエが来てから作るようになったのだとか。見るからに美味しそうなパフェ!もう芸術品です。予約をしていったのですが、当日までにこのイチゴのパフェは完売してしまっていました。予約は必須ではないですが、予約していった方が良さそうですね。どちらも¥1,000ほどでした。

隣でケーキも売っているので帰りに買いました。初めてのケーキ屋さんではショートケーキを買うと決めているので、ショートケーキとサバランを購入。普通のケーキ屋さんよりは価格設定低めでした。ここだけの話、ケーキはパフェほどの感動はなかったです。とにかく、パフェがおすすめ!

 

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

 

所在地
電話番号
アクセス方法
PR
定休日、営業時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きたかったドーナツ屋さんへ。前回開店前の時間に行って断念したので、再チャレンジ。12時開店なので要注意。ドーナツだけでなく飲み物、お惣菜や、野菜も一緒に販売している、monsoon doughnutsさん。店内は薄暗く、雰囲気漂うかんじ。絵本や小説に出てきそうな、このお店をきっかけに何かの物語が始まりそうな予感がするお店でした。二回目は16時頃行ったのでほぼ売り切れていましたが、一番シンプルなものと、ココナッツが周りについているココアのドーナツを買いました。お豆腐で作らているのでヘルシーなドーナツでした。

 

 

monsoon donuts 


群馬県前橋市住吉町2-1-18
tel. 027-226-5241

 

営業日 火−土曜日 12時−19時

定休日 日−月曜日 

 

*専用駐車場はございません。お近くのコインパーキングをご利用ください。

 

今年(2018年)オープンしたflat tableへ10月に行きました。客席はそこまで多くなかったですが、シンプルな作りで落ち着く空間でした。ブレンドコーヒーを注文したのですが、カップにコーヒーが入っているだけではなくてビーカーの容器の中にもコーヒーが入っていて、温かい時と冷めた時と味の変化をお楽しみください。とのことでした。ほかのcafeには、なかなかない素敵なサービスでした。大人向きのcafeという感じでした。

 

 

 

FLAT Table
〒371-0803 群馬県前橋市天川原町2丁目41−8 NIWA-ALK D

 

どうなりたいか?どうなったら自分は幸せか?ということを真剣に考えてみたところ、自分は7つあることが分かった。その中の一つ「住みやすく、少しおしゃれな環境を作りたい。」ということ。

わたしはきれいな家にあこがれがあるのかもしれない。きれいな状態を保っておきたい気持ちがとてもあるし、きれいな部屋は落ち着く。しかし、現実はそううまくもいかなくて、きれいな状態を保っておけるのは掃除した後の1、2日程度。あとは服が出ていた入り、髪の毛が落ちていたり、自分が保っておきたい状態には全くなっていない。その時の心の状況がとてもよくない。「住みやすく」のワードに絶対入り込んではいけない「いらいら」が発生してしまう。やっぱり住みやすいというところには「穏やか」「リラックス」といったところが必要だと思っている。片付いていない原因がたとえ他人にあったとしても穏やかな心をもってそっと片付けたい。厳密に言うと、一度は穏やかに片付けている。けど、2回目になると「いらいら」がなぜだか発生してしまう。私はただただ片付けるためだけに時間を使って一生を終えていくのだろうか。私が何も言わずにそっと片付けているから、この人(片付けない張本人)は自分が片付けていないことに気づかないで、むしろ自分は片付けが出来る方だと思っているのではないだろうか。とか、潜在的に考えてしまっているのかもしれない。ここを何とか乗り越えて、菩薩のような心を持って、片付けに挑みたい。片付けをすると時に心の中で「菩薩」とつぶやいて片付けるようにしようか。

JUGEMテーマ:つぶやき。

一つのことに集中できない。

頭の中がすっきりしていない。頭の中でこれしなきゃ、あれしなきゃ思い出しては消え、思い出しては消え、結局何もできないで終わる。後々、あぁこれ思い出したのにやるの忘れた。とか、これ抜けてたとか、しょっちゅう。自分が嫌になる。これで自分のこと好きになるなんて無理だ。苦手なことは誰かに任せて自分にできることを探して伸ばす。なんて無理だよ。だってできることが何一つないんだもの。私に何ができるのよ。仕事って一生やることだから楽しくやりたいし、気持ちよくやりたい。私にはそれが出来ない。悲しい。仕事が楽しくできたら、この先の人生すごく輝いて見える。仕事が楽しくないわけではない。仕事ができない自分が嫌いなだけ。仕事をすると自分の嫌な部分がたくさん見えて、突き付けらる。それが辛いんだ。

前にこんなことを聞いたことがある。

好きな人について。その人が何で好きなのかを突き詰めて考えてみると、その人と一緒にいるときの自分が好き。ということ。これ、聞いたときすごく腑に落ちたことを思い出す。初めてお付き合いした人。かっこいいと思って付き合った男の子。付き合うとか好きという感情がよくわからなくて、何をしていいかわからなかった。本当にその人が好きなのかもわからなかった。学校を卒業してから全く会わなくなった。このまま自然消滅だなー。と思っていた。友達にそのことを話したら、連絡とってみなよと言われて、連絡をとってみたら、もう別の人と付き合い始めたと。何とも思わなかった。2番目付き合った人。優しい人、友達付き合いがうまい人だった。その人といると、優しい気持ちになった。自分の中の女の子の部分が出てきた。(自分なりのね。)新しい世界を知った。その人の事も好きだったけど、その人といる自分も好きだった。本当にそう思う。

自分のことをもう一度好きになりたい。

私はおっちょこちょいでケアレスミスが多い。これは仕事をするうえで本当にマイナスポイントだと思う。どんな仕事においても、この特徴はよくない方向にでる。自分の良くできることを伸ばして仕事をする方がよいというが、ミスなく何でもこなすことが出来れば大抵の仕事はこなせるし、むしろ信頼を得て仕事ができる人となると思う。逆に言うと、ミスを多くする人=仕事ができない人。ということになる。長所は短所というが、「ミスをする」という短所を別の角度から見たとしてもそれは「ミスをする」に変わりがない。できないことに注目せずにできることに重きを置いてできることを伸ばすようにした方がいいというけども、「ミスをする」というたった一つのことだがこれがとても大きいと思う。

ミスをするとき

・頭がしっかり働いていない。

・やたら早くしようとしている。

・注意力が散漫になっている。

・気持ちが落ち込んでいるとき。

 

もしかしたら自分がやろうとしているスピードは自分に合ってないかもしれない。もっと落ち着いて、余裕をもってやった方がいいかもしれない。小手先ではなくて、根本を見直すこと。

人生辛いことばかり。

JUGEMテーマ:つぶやき。