スポンサーサイト

  • 2020.03.25 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

詰めが甘いんだよ ※人間は同じ失敗を繰り返す生き物なのか

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 15:16

 アシックスの株主優待券30%オフ(有効期限3月末まで)を使用してネットで靴を購入しようとしたら、ネットでは使用できないことが発覚した。(オニツカタイガーのみ)オニツカタイガーの店舗はそもそも少なく、私の住まいから一番近い店舗へ行くのも1日がかりで行かなければならない。コロナの心配もあるし、子供を連れて行くのも気が引けた。だから、ネットで買おうと思ったのに!

 

ダメもとで店舗へ電話し、コロナの影響で何かしらの措置があるのか聞いてみた。

 

店員「現金書留で現金と優待券を送付していただければ、無料配送で商品をお届けしますよ。コロナに関係無く、もともとやっているサービスです。」

 

なんという!!オニツカタイガーにも自分の機転の良さにも称賛を贈りたい。あぁなんて清々しい気持ちなんだろう。買うのを半ばあきらめていた靴が割安で手に入るなんて!私は浮かれまくっていた。

 

数日後、商品とレシートが届いた。夫がそのレシートを見て、

 

夫「6,000円引かれてるんだ。…。30%オフじゃなかったっけ?」

 

私「だって元値が25,300円で優待券の割引の上限が3,000円だから、優待券2枚しか送らなかったんだよ。」

 

夫「ん!?三枚送れば普通に30%オフだったんじゃないの?優待券一枚に対し合計金額一万円までとし、、、云々だってよ。」

 

私「…。(優待券の説明をよく読んでいる)」

 

私「あ。。。ほんとだ。。。。。」

 

今思うと、なんでそんな間違いをしたかなぞ過ぎる。自分がなぞ!!

 

JUGEMテーマ:今日の日記

 

 

 

目先の良さに惑わされない  ※人生出遅れているからといって焦るなよ

  • 2020.03.13 Friday
  • 12:42

自分の好きな時間だけを考えて生きていると、友達に会ったときに話すことがなくて自分てつまらない人間だなぁと思う。

友達に会ったときに色々話ができるようにとわざと突飛な方向へ行くと、みんなで集まったとき盛り上げることが出来るけど、振り返ってみると自分が空っぽすぎて嫌気がさす。

 

目先の良さよりも時間をかけた深みのある良さを目指そう。器用な人はそんなこと考えずにバランスよくどちらもできるんだろうな。

 

すみません。自分、不器用なんで。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

いいものを見た。

  • 2020.02.28 Friday
  • 10:19

歌って本当にいい!

 

ダサいことはやらない主義

  • 2020.02.27 Thursday
  • 13:14

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

自分が思っていること考えていることを敢えて人に伝えなくたっていいじゃないか。

言葉にしたり人に伝えることによって叶えることが出来たり、目標達成しやすいといったことは本当にあると思う。

そうゆう目的じゃなくて、その場だけで相手を納得させるために言うのはカッコ悪いって話。逆に言葉にせずに相手に伝わった方がかっこいいじゃない。言い訳するように伝えて、それが体現できない方がダサいよ。

 

 

 

 

相手を大切にすること

  • 2020.02.26 Wednesday
  • 14:40

JUGEMテーマ:つぶやき。

 相手を大切に思うことってどうゆうことなのだろうと考えるときがある。

反対側から考えると、相手をぞんざいにするのは無視することだと思う。存在を無視すること。これは傷つく。

 私の両親は共働きで忙しくしていたので、今考えるとあまり自分の話をきちんと聞いてもらったことがなかった。今は両親ともにリタイアし、ゆったりとした生活を送っている。つい最近実家へ帰った時、新聞を読んでいる母に話しかけた。すると、かけていた眼鏡をはずしこちらを見て聞く態勢をとった。その行動が新鮮で嬉しくもあった。

 実体験もあり、忙しくても相手を無視せぬよう心にとめていた。 

 そして、ここにきて新たなことを知った。

 誰かの死は誰かにとって、何とも言えがたい出来事。過度に悲しむことはない。自分のできる範囲で気遣うこと。これも相手にとっては嬉しいことなのだと。

 最愛の妻を亡くした方と出会った。その方は妻の月命日に行きつけの飲み屋でお酒を飲む習慣がある。その方は言った。「俺は月命日にしかお酒は飲まねえ。飲みに行くとなーんにも言わずに献杯用の盃をぽーんと出してくれるわけよ。そんなたまらねぇことないよ。」と。飲み屋の奥さんの心遣いがとても心にしみていた。

 

 

一度あることは二度も三度も四度もあるよ

  • 2020.02.25 Tuesday
  • 21:59

JUGEMテーマ:今日の日記

 今日は、行きたかったcafeへお友達のはじめちゃんと行ってきた。しかし、お店は臨時休業。はじめちゃんが近くの別のcafeを見つけてくれて、そちらでランチをすることになった。

 実は、一番最初にはじめちゃんと出かけた時も私の行きたかったcafeに待ち合わせて、休業日ではじめちゃんが別のcafeを見つけてくれた。

 行きたかったお店がやっていなかったということは今までにも何度もある。

 

 自分の行動パターンや思考パターンを知ることが解決策なのだ。

JUGEMテーマ:つぶやき。

傷つくこともできない悲しさ

  • 2020.02.24 Monday
  • 13:17

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 元職場の子と久々にご飯を食べることに。通称くみちゃん。くみちゃんは20代後半で、絶賛結婚したい期に突入していた。しかも、くみちゃんが大好きな弟に最近彼女ができて、結婚を見据えて付き合ってるというのだ。くみちゃんの結婚したい気持ちはさらに拍車がかかる。

 くみちゃんはお休みの日に街コンへ出かけているという。数年前までは私も友達と集まれば恋話ばかりしていたけれど、最近は週に一回テラスハウスを見るぐらい。だから、くみちゃんと恋愛の話をできたのは楽しかった。家に帰った後もくみちゃんの話を反復して考えていた。

 前回の街コンでくみちゃんは少し気になる人ができてその人をご飯に誘うか悩んでいた。気になる人からのラインを見て「また飲みに行きましょう!」は社交辞令かなぁ。。と。最初のうちは誘ってみることを勧めていたけど、くみちゃんの一言で私はブレーキを踏んでしまった。「一緒に街コンへ行った女の子がすごく可愛かった」この一言で。

 最初色々話を聞いていて、気になる人への恋の矢印はこぶこぶだと私は思った。つまり、もしかしたらくみちゃんに勝算があるのではないかと。でもさっきの一言で、街コンや合コンといったところで起きるとってもシビアな世界へ私の想像は飛んで行った。

 街コンや合コンは分かりやすさが大事なのである。具体的に言うと、容姿が可愛い、よく笑う、気が利く、話が上手、リアクションがいい、ざっとこんなところ。合コンや街コンは短期戦、どうしてもわかりやすい情報で判断するしかなくなってくる。だから、一番わかりやすい、容姿が良いのは街コンといった短期戦において、とても有利と分析済みなのである。私が会うことを勧めたばっかりにくみちゃんを傷つけてしまうのではないかとマイナスな方向の考えに至った。

 帰宅した後、旦那さんはすべてを聞いてこういった「動かなければ、傷つくことすらできないんだよ。」

一番苦しいのは、生きている中で何も心が動かないことなのかもしれない。そう思ったら、少し色々なことに勇気がわいた。

過去の自分が今の自分を作る

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 10:08

 過去の自分が今の自分を作るってよく言うけど、最近それをすごく実感する。

実感する前は「そりゃそうだろうよ。」と思っていたし、自分の経験や獲得してきたスキルは未来の自分に役にたったり、自分形成するものだろうよ。なんて考えていた。そう。実感というかそう考えていた。

でも、最近は ”考える” というよりかは、そう思わずにはいられないなぁということが多々ある。

 

 自我が確立してから、”明るい人” ”良く話す人” ”目立つ人” ”ノリがよい人” こういう人が人として優れていると勘違いをしていた。そして、自分もそうゆう人間なんだと思い込んで、誰かの真似をしていることも気づかずに振舞っていた時期が結構長いことあった。時間が経つにつれてそれはだんだんとメッキがはがれるように崩れ落ち、気づいたらただの中身が何も無い人になっていた。だって、誰かの真似をしているだけだったから。

 

 私はどうゆう人間なのか自分でもさっぱりわからない。真似する人、お手本にする人がいなくなれば、自分はどうしたらいいのかわからない。あの人だったらこんな反応をするだろうなってことで振舞っているから、相手の言っていることや、相手の表情とか全然気にせず振舞っていた。自分がどう見えるかばかり考えて、自分勝手なコミュニケーションしか取れていなかった。

 

 自らの体験や自分で考えたこと、改めて自分の前に広げてみたら何もなかった。空っぽだった。

 

 過去は自分を作る。気づいたら、こんな自分が出来ていた。 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今できることをやるしかないのだ。結局のところ。

  • 2019.08.18 Sunday
  • 17:55

JUGEMテーマ:今日の日記

 

 私の旦那様は建築会社で働いていて、その会社の社長は旦那様のお父様。社員は数名いるが親族経営の自営業の会社。

 

 先日、旦那様の大学の友人と会う機会があった。旦那様は経済学部出身で、お友達は経理事務をしていたり、会計事務所に勤めていたりした。なので、次期社長の旦那様に「決裁書はちゃんと見ているか」「損益計算書だけでも見といた方がいい」「株はだれがもっているのか」などと、会社経営で必要であろう質問をしていた。でも、私も旦那様もさっぱりよくわからない単語だらけでまったく会話にならなかった。”知らなければいけないこと。”という圧がすごく、焦りだけが込み上げた。

 

 旦那様は約6年前に東京のイベント会社から転職をして田舎の実家に戻った。イベント会社の営業からの転職だったため、家の仕事は全くの畑違い。先輩社員のおじいさん社員たちは職人気質でろくに仕事を教えてもらえない環境。そんな中で手探りで現場仕事を覚え、バラバラだった方向性を見出してきたところであった。現場の仕事をだんだんとモノにできてきたというところで、次期社長に対する、会社経営での視点は寝耳に水のような話だった。本来は将来を見据えて考えていなければならないことだったのかもしれない。ただ、実家に戻って与えられた現場の仕事をこなせるようになることでいっぱいだったのが正直なところ。

 

 友人たちからの問いかけや話はとても不安な気持ちになった。現場の仕事をしている社員は旦那様含めて3人。今のところ、旦那様が抜けてしまったら、全然仕事が回らないメンバーで構成されている。新しい人材が入ってくる見込みもない。人材が足りていない部署もあるほど。ゆくゆくは現場を退き会社経営の仕事をしなければならない時が来る。現社長の年齢を考えるとそこまで、遠い話ではない。不安だ。

 

 自分にはどうしようもできない問題ばかりが立ちはだかっていて、でも何かしないと不安でしかたがない。

 

 当の私は新卒でお菓子メーカーの製造部門で働き、その後転職して、ケースワーカーとなり、結婚を機に退職し、お花屋さんと某有名カフェでダブルワークをするという、全く経営とは関係のないところで働いてた。そして今、10か月の子供がお腹にいる。産後はダブルワークをしていたところに戻るつもりでいた。が、簿記をとりどこかの会社の経理事務について、実家の会社のために働くことを目標にするのはどうだろう。考えるようになった。

 

 まだ見ぬ将来のことを考えるのはあまりにも不安で夜も眠れない。でも、今できること、やれることはあるのではないか。あるならそれをやるしかない。そう思うと少し気持ちが楽になる。

 

 こうゆう時に切に思う。自分がとてつもなく能力がある人間だったならなぁ。。。

 でも、いろんな面において不器用な私は地道にやるしかない。

 わかっている。

 

 

 

継続することが難しい人

  • 2019.08.16 Friday
  • 16:00

 ”継続は力なり。”

 

 よく言われることですが、私が出来ないことの一つ。大抵のことが尻つぼみになってしまう。最初はすごくやる気が満ち満ちているのに、だんだんとそのモチベーションが消えて、最終的にはゼロになってしまう。その原因を自分なりに考えてみた。

 

 ・自分に期待し過ぎている。→少しでも失敗すると絶望してもうやりたくなくなってしまう。

 ・やる理由を明確にしない。→やり始める前に「どうしてやるのか?」を深くまで言及しておくと、やらなくてはならない状況にもっていけるのでは。

 ・継続していく中で嫌なことがでてくるとそこにばかり注目してしまう。→「嫌だ」ということだけを見つめず、視点を全体に持ってきたり、もっと小さい範囲のことに焦点を絞ったり、と色々な見方をしてみる。その中で楽しいと思えることを見つけてみる。

 ・他人と比べてしまう。→「自分に期待している」と少し似ているが、相手より劣っているとやる気がなくなってしまう。対処法の考え方としては、そうゆう時もあるし、そもそも自分は割と劣っている方だ。という認識でいること。(でも、この考え方は正直悔しい!(笑)し、少しひねくれているようにも感じる。だって、「どうせ私なんて。。。」ってことだから。なにかいい考え方はないものか?今のところ大器晩成型という風になんとなく考えることはあるけど。。現在、考え中であります。)

 ・長期的な集中力がない。→自分の集中力でる方法を見つける。例えば、、、時間を区切ってやる。疲れてなくても休憩を入れるようにする。休憩以外の時間はしっかり集中。

 

 色々出してみたけど、すぐにできるかどうかはわからない。でも、言葉にしたら、少し明確になった。

 

 どうせ暇なら、もっと楽しいことを考えたり、やったらいいのにこんなことを考えてしまう、どこまでも憂鬱なまめこなのでした。

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。