部屋をきれいに保っておくことが出来ない。

保ちたい気持ちは大いにある。でも、できない。基本的に大雑把だし、まめに何かをやることができないタイプ。そんな私が部屋をきれいに保とうというのが無謀なのか。「大雑把」「めんどくさがり」等々、マイナスポイントがたっぷりある私でも部屋をきれいに保つことが出来る方法があるのであれば、もうそれは革命的な方法だろうし、本でも出せるんじゃないかと思う。

 

二年前に今のアパートに引っ越してきて、心機一転きれいな部屋で生活したいと誓いを立てた。アパートも新築を借りて(家賃との折り合いをつけるために立地は贅沢できなくて、かなりの田舎。)きれいな状態を目に焼き付けてこの状態を維持する!汚いところからきれいにしてそれを保つよりも、きれいなものをそのままの状態を維持するほうが簡単なのではという安易な考え。(地元を離れて新しい生活が始まるので、単純に新しい気持ちで生活したいということもあったけど。)

 

二年と数か月たった今、私の実力、現実、限界、突き付けられる。いや、部屋は片付けている。でも週に一回程度。物が部屋にあふれたタイミング(だいたい週に一回)で一気に片付ける。部屋を掃除すればそこそこきれいな部屋になる。一度きれいになった部屋が徐々に汚くなっていく部屋を横目で見てみないふりをして生活する。それの繰り返し。結局片付かない部屋にいる時間のが長いんだよ。
 

いつ何時部屋に誰かが来ても「上がってって」とかナチュラルに言いたい。これ、目標。

 

お花の納品の日。

8時から納品開始。9時に会社に戻ると先輩社員が出勤していた。

この先輩社員、めちゃくちゃ人の動向を見てくるで有名。自分のお姑さんは全然口うるさい人ではないけど、いわゆるお姑さんと聞いてイメージするような人。人の動向をじとーっと見ていて、細かく注意して、指示出して、そこまで指示しなくてもわかるわ!ということも何度も。どんだけ人のこと見てんだよ!人のこと見てないで自分のことやれや!

そんな先輩社員も今月いっぱいで一旦、お休みか。

しっかりせいわたし!


 

今日、大学からの友人から電話があった。

大学の友人同士で集まってお昼過ぎから飲んでいるとのこと。相手は男女二人ずつの四人で飲んでいて、メンバーの名前を聞いたら、全員知り合いだった。ここはあえて友人ではなく「知り合い」と言いたい。

なぜなら、この女二人に私はいじめられていたからである。恐らく、本人たちはいじめていたとの認識はなかったと思う。はたから見てもいじめっ子には見えないし、どちらかというと優等生的な、もしくはあまり目立たないタイプの二人であった。本人たちもまさか自分たちがいじめているなんて思っていなかっただろう。あぁなんて厄介なんだ。

この女二人との記憶で一番覚えているのが、卒業アルバムの写真撮影。卒業アルバム用の写真を撮る際に、指定された表情を強要され(全くそんな風には撮りたくないのに)、やらなければいけない状況をつくり、いざやると馬鹿にしたように笑う。その時、彼女たちは本当に楽しそうだった。テレビ番組を見ているような、友人同士で他愛のない会話をしている時のように、ごく自然に笑っていた。そこがとても怖かった。自分の気持ちと相手の気持ちにギャップがとてもあった。私には感情が全くない悪魔とかその部類の得体のしれないものが笑っているようにしか見えなかった。しかも、卒業アルバムというところが質が悪い。卒アルって一生ものだよ?知ってた?

 

そんな二人がいる飲みの席からの電話だったので緊張しないわけがない。電話口に一人ずつ出て、少し話したが、二人とも終始薄ら笑いで妙にテンション高めなところが気持ち悪かった。最後には、今度は一緒に飲もうだって。少したって、〇月〇日空けておいて!とのラインがきた。

 

過去の記憶を思い出し、憂鬱な夜を過ごしている。


 

 今日はお花の作成の日。

 

今日のミッションはメインテーブルアレンジとカスミソウの花束を10本組むこと。

 

メインテーブルは一時間半で仕上げなければならないが倍の時間の三時間かかってしまう。

でも、これでも早くなった方だから目も当てられない。

 

めちゃめちゃお小言の多い先輩社員は自分の作成分で手いっぱいだった。

なので、注意される回数は格段に少なかった。いつもだったら、作ったものすべて修正されたり(それってもはや私の作品じゃないじゃん。)オアシスにさした瞬間に抜き取られて、別の場所に刺されたり。もう心折れるし、切ないし、悔しいし、イラつくし、とにかく感情がコントロールできなくなりそうになってしまう。お花を大事に扱えなくなりそうで、一旦部屋を出て外で頭冷やしたこともあったっけな。

 

でも今日の先輩社員は私の作っている様子を見る余裕はなかったようだった。だから、アレンジメント作成の時は心穏やかに制作できた。

 

カスミソウ10本組むのは、先輩社員と一緒にやったのでほぼすべて直された。カスミソウ組むのはかれこれ2年半ほどやっているのに全然上達しない。本当に向いてないのかしら。もう潮時なのかしら。あぁ何やらしても成功する人いるよね。未知の世界だわぁ。私って、打たれ強いような気もするし、不干渉でどうでもよくなっているような気もする。

 

とにかく、負け癖、失敗癖はあるよね。


 

私の見た目は、素朴系に該当すると思うのだが、

昔からヤンキー的なものへの憧れが少しあるのではないかと思うことがある。

 

本日、インナーカラーを入れたく美容室へ。

インナーカラーとは、元々の髪色より明るい色で内側の髪を染めること。

髪をかき上げたり、結んだり、もしくは揺れたりして内側が見えた時に

ちらりと明るいトーンの髪が見えるのがかわいいのだ。

 

でもこれって、90年代に現れたコギャルがやっていたメッシュと似ている。

素朴とか清楚とかからは真逆の髪型。

似合う髪型とかあるのだろうけどやってみたい髪型で選んでしまう。

おまかせで切ってもらうと、自分の好みでないことが多いので

似合うとやりたい髪型は違うということはわかっているのだけど…

 

そんなわけで、今日はやりたい髪型、インナーカラー入れてください!!

と鼻息荒めにオーダー。でも、ブライダル系の仕事をしている関係で

あまり激しいのは仕事に支障がでると思ったので明るさは抑え目でと付け加えてお願いしました。

 

染めて、シャンプーして、乾かしてもらって、いざ確認したところ、まったく染まっていなかった。

きっちりお代も払って帰宅。色が抜けてくるから、だんだんと明るくなると思う。とのこと。

 

今日も、まめ子はしっかり憂鬱です。

 

 

今日はお花の引き取りの日。

 

行きたくなくて仕方なかった。

 

会社に着いて駐車場の車内で、今電話しなくてもよかったのだけど、

どうしても行きたくなくて、出勤時間までまだあったので時間稼ぎで美容院の予約の電話を入れた。

想いのほか話が長引いてしまい、出勤のタイムカードを切る時間が迫る。

 

先輩社員が私が来ていないことを不審に思い、駐車場を除いたところで目が合ってしまった。

あー。今日も一日憂鬱な日が始まる。

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM