スポンサーサイト

  • 2020.03.25 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

傷つくこともできない悲しさ

  • 2020.02.24 Monday
  • 13:17

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 元職場の子と久々にご飯を食べることに。通称くみちゃん。くみちゃんは20代後半で、絶賛結婚したい期に突入していた。しかも、くみちゃんが大好きな弟に最近彼女ができて、結婚を見据えて付き合ってるというのだ。くみちゃんの結婚したい気持ちはさらに拍車がかかる。

 くみちゃんはお休みの日に街コンへ出かけているという。数年前までは私も友達と集まれば恋話ばかりしていたけれど、最近は週に一回テラスハウスを見るぐらい。だから、くみちゃんと恋愛の話をできたのは楽しかった。家に帰った後もくみちゃんの話を反復して考えていた。

 前回の街コンでくみちゃんは少し気になる人ができてその人をご飯に誘うか悩んでいた。気になる人からのラインを見て「また飲みに行きましょう!」は社交辞令かなぁ。。と。最初のうちは誘ってみることを勧めていたけど、くみちゃんの一言で私はブレーキを踏んでしまった。「一緒に街コンへ行った女の子がすごく可愛かった」この一言で。

 最初色々話を聞いていて、気になる人への恋の矢印はこぶこぶだと私は思った。つまり、もしかしたらくみちゃんに勝算があるのではないかと。でもさっきの一言で、街コンや合コンといったところで起きるとってもシビアな世界へ私の想像は飛んで行った。

 街コンや合コンは分かりやすさが大事なのである。具体的に言うと、容姿が可愛い、よく笑う、気が利く、話が上手、リアクションがいい、ざっとこんなところ。合コンや街コンは短期戦、どうしてもわかりやすい情報で判断するしかなくなってくる。だから、一番わかりやすい、容姿が良いのは街コンといった短期戦において、とても有利と分析済みなのである。私が会うことを勧めたばっかりにくみちゃんを傷つけてしまうのではないかとマイナスな方向の考えに至った。

 帰宅した後、旦那さんはすべてを聞いてこういった「動かなければ、傷つくことすらできないんだよ。」

一番苦しいのは、生きている中で何も心が動かないことなのかもしれない。そう思ったら、少し色々なことに勇気がわいた。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM